電光掲示板(電光の看板/LED看板 電飾看板 電光看板 LED表示機 大型ビジョン)は日本の風土に合わせた設計なので耐久性に優れ故障時もスムーズにパーツの交換ができます。日本製のLEDは外国製品と比べ長寿命で発色性や高輝度に優れていますので安心してご利用いただけます。


リース契約することで高額な電光掲示板も分割払いができます。定額月払いなので負担も軽く安心してご利用できます。ご購入金額の支払いが終了しましたら、再度契約により安価に契約を継続できます。



音声出力大型ビジョン デジタルサイネージビジョン


細やかで自然な色彩。視認角も広範囲大型LEDディスプレイ。

音声出力大型LEDデジタルサイネージビジョン(電光の看板/大型ビジョン・電飾看板・電光掲示板・LED看板・LEDディスプレー)。
リアルで臨場感ある映像の追求により多彩な色の再現性を高めることができました、大型ビジョンで深みのある映像の放映が出来ます。



マスメディアとは情報伝達手段となる新聞、雑誌、ラジオ、テレビ等のメディア(媒体)を指します。近年それに加えウェブサイトが既存のマスメディアと肩を並べるものとなることで、4マス媒体そのものが大きな転換期をむかえることとなったのです。



マスメディアとは情報伝達手段となる新聞、雑誌、ラジオ、デジタルサイネージビジョンとは、インターネットを通じて見せたい広告を告知したい時間に広告し、限定された場所で限定されたターゲットに効率よく広告できる最先端のCM広告大型ビジョンです。


高機能高性能で扱い易い。

○表示できる映像ソース(映像コンテンツ)
蓄積デジタル映像データ(ファイル形式:WMV/MPEG1/AVI)NHKBSニュース同時放映 毎00分より10分間(映像NTSC+音声)

○送出制御
編集装置〜表示制御PC間のデータ転送はLAN(TCP/IP)を使用映像コンテンツを表示スケジュールに伴い送出表示スケジュールは編集装置(VV Editor)で制作

○輝度切り替え
表示輝度8段階から昼と夜の輝度選択

○音量調整
音量レベル設定が可能、蓄積デジタル映像データとTV放映音量入力を各々にレベル調整(256段階)主音音量出力調整

○表示制御PC側でのログ(履歴)記録
送出ログ:表示開始時刻(時分秒ミリ秒)と映像コンテンツ(ファイル名)を記録 通信ログ:VV Editorからの通信内容を表示制御PC側で1日ごとにテキストファイル化し記録





NHKBSのニュースを毎正時に10分間ずつ放映することができるので、歩行者を引き付ける効果があります。




様々な状況にあわせて音量のレベル調整が256段階で可能です。





NHKBSニュースを大画面で放映できます。直ちに発信されるリアルタイム性の高いニュース記事は、メディアとしてのLEDフルカラービジョンの存在感を高めるほか、CM広告を引き立てる効果があります。

 

現在表示機は無音の広告から音のある広告に発展し、映像と音表現によりCM効果があがりました。256段階での音量レベル調整が可能です。昼間は大音量、夜間は消音など状況に合せて音量調節ができます。





放映内容をインターネットを経由してリアルタイムにフィードバック。事務所や本社等、設置場所から離れたところでもパソコン画面からリアルタイムで表示内容の確認ができます。



製品名
参考月額 リース価格

デジタルサイネージビジョン

お問い合わせ下さい



CM広告ビジネスを考慮にいれ開発されたデジタルサイネージビジョンは、従来の表示機より高画質でなめらかな表現が可能となりました。また従来では出来なかった音声出力とNHKBSのニュース放映が可能です。



■表示面:片面 ■本体サイズ:3082×2020×202mm■消費電力:最大3400W/平均1100W■電源:AC 200V
■パネル数12×7(片面横型専用)■重量:590kg






▲広告ビジネス


▲ぜんせき新聞掲載

■ビルのオーナー様にお得な看板ビジネス。
交通量の多い幹線道路沿い、繁華街・駅前等通行人の多いロケーションのビルのオーナー様、自社広告+広告収入が見込めます。日本ユーザックでは大型ビジョンによる看板ビジネスに関するサポートを一貫して行っております。また看板ビジネスの実績ノウハウを最大限活かしビジネスの可能性をひろげております。

■分割リースで負担なく支払い。
すべてリース契約の為先行投資がいりません。広告収入がそのまま利益となります。詳しくは当社専門担当者にお問い合わせ下さい。

■CM放映ビジネスがぜんせき新聞に掲載されました。
LED表示機による他社CM放映で広告費用をとる広告ビジネスが新聞に掲載されました。掲載されたぜんせき新聞は全国のガソリンスタンド向けに配信されているポピュラーな新聞です。


トップページお問い合わせ